ABOUT

羊品工房 shokosuzukiの羊品店
羊品工房 shokosuzukiの羊品店

**羊品工房について** 「ようひん」工房と呼んでください。 羊毛で毎日が楽しくなるもの、おしゃれのスパイスとなるものを作っています。 紡いだり、縮絨したり、織ったり。 そんな風に作っている「羊毛」の「品物」ということを 以前の日本の街によく見かけた「洋品店」の懐かしい感じの音に乗せて、工房の名前、お店の名前としました。 古くからの技法を大切に丁寧に、でも縛られることなく、楽しく素敵な「羊品」をお届けしたいと思っています。 **羊毛の魅力** 古代、命を奪うことなく手に入れることのできる羊毛は 人々の身体をあたたかく包み守り、さらに、住居ともなる重要なものでした。 日本において、羊毛はわたしたちの暮らしに密着したものではなかったものの、寒い季節、暖かさをもたらしてくれるものとして浸透してきました。 羊毛の仕事はとても手間がかかり、力仕事でもあります。 衣食住すべてにおいて、たくさんのものがあふれ、安価で簡単に手に入るものも増えた現代では そんな手間のかかるものよりも良いように見えるものはたくさんあるので、何もわざわざ、手入れの面倒なものを手間をかけて作る必要もないのかもしれません。 でも、羊毛の特筆すべきことは、 保温性に優れているばかりでなく、通気性にも優れており、熱がこもることがほとんどないこと、 保温ばかりでなく保冷もできること、 衝撃を吸収して包むものを守ることにも優れていること、 また、地面に戻せば自然に分解され、その過程でなんのエネルギーも必要としないこと、 などがあって、 それ以上に、わたしたち現代人の心をほんわりとあたためやすらぎをくれるものであることが様々な簡便なものを超えてしまう1番の魅力ではないかなぁと思っています。 手間のかかるものではあるけれど、魅力もたっぷりな羊毛の、手作業で作ったもの。使ってみたい持ってみたい、と思っていただけるようなものを作りたいと思います。 *** 製品に使用する染色された羊毛については、 色落ちの堅牢度の検査を受けておりますが、取扱いに注意が必要なものについては、ご案内をつけております。 また、染色液の成分についても安全の確認をしております。 ご不明な点などは、どうぞお問い合わせ下さい。 http://shokosuzuki.com/ shokosuzuki8@gmail.com *** 当方の製品は少し香りがすると思います。 これは、香りを付けているわけではなく、石鹸のものなのですが、 製造工程で、フェルティングでも織りでも、必ず縮絨という工程があり、縮絨に使用をしている石鹸の香りが残って香っています。 縮絨に最適、かつ、長時間作業をする手に負担の少ないもの、を色々と探して辿り着いたものを使用しているのですが、使用しているハーブの石鹸が一番合っていて愛用しております。 ご使用とともに次第に消えていくものですが 当店の特徴とご理解いただけますましたら幸いです。 *** **鈴木祥子** 2011年〜個展を中心に作品を発表      企画展にも多数参加 2015年〜伊勢丹新宿店4階ライフ&スタイル(スポット出店) 2016年 三越仙台店 出展 2017年 三越仙台店 展出展      三越仙台店 むつめく東北参加      仙台藤崎 pop up store 仙台泉TAPIO pop up store atブコウスキージェネラルストア